小顔になれる近道|リフトアップで憧れの顔に

女の人

部位と深さで変わる方法

婦人

リフトアップの施術方法は、大きく分けると二つあります。手術によって皮膚にメスを入れる方法と、糸や注射を使う方法です。ただしこれらは大まかな分類でしかなく、それぞれの種類ごとにさらに多岐に渡る選択肢が存在しています。中でも多くの方に選ばれているのは糸でたるみが気になる部位を引き上げたり、注射でヒアルロン酸等を注入したりする方法です。これらには皮膚に殆どダメージを与えることなく施術が完了するという特徴があります。ダウンタイムと呼ばれる施術後から通常通りの生活が送れるようになるまでの期間も短くて済むため、ローリスクで手軽な方法として人気です。以前はどれだけ奥までメスを入れるかによって、リフトアップの効果は変わってくると考えられていました。奥まで切れば切るほど効果があると言われていたため、リフトアップと言えば手術を選択する方が殆どだったのですが、現在では一定の人気を保ちつつもどちらかと言えば手術以外の方法を選ぶ方の方が多い傾向が見受けられます。とはいえ必ずしも手術以外の方法を選んだ方が良いというわけではありません。多数存在する方法の中からどれを選ぶべきかは、一人ひとりのたるみの度合いや部位によっても変わってきます。折角クリニックまで足を運んで施術を受けるのですから、成功しなければ意味がありません。クリニックの先生とよく話し合い、ご自分に合った方法を選択することが大切です。そうすることが、リフトアップの効果を長持ちさせる秘訣だといえます。